第7回吉田山大茶会|茶の湯その周辺|卜深庵  

茶の湯研究

第7回吉田山大茶会

 

 宇治をはじめ奈良、静岡、高知、熊本、宮崎、中国、台湾、韓国、ベトナム、アフリカ、インド、トルコから緑茶や紅茶、ウーロン茶、韓国茶、そしてコーヒーやルイボスティなど300種類以上の世界中の茶の数々がそろう吉田山大茶会が5月28・29両日、吉田神社の境内で催された。お茶の試飲や販売、茶器の販売、お茶菓子の販売も行われ、リラックスしながらお茶を楽しめる企画である。

 (社)韓國茶文化協會京都支部に所属するチャノリ韓国茶道同好会が茶席を担当した。同会には卜翠会会員の孫才喜氏も所属し、韓国茶道の実演が行われ、多くの方々で終日にぎわった。

                         木津宗詮記

 

 






小さい画像は選択(クリック・タップ)すると拡大表示されます。
拡大された画像の右半分を選択すると次頁、左半分を選択すると前頁へ移動します。



ページの先頭へ戻る