願泉寺

 

寺伝によると願泉寺は、小野妹子の八男多嘉麿義持(たかまろよしもち)が、用明天皇二年(五八七)崇仏派(すうぶつは)蘇我馬子(そがのうまこ)廃仏派(はいぶつは)物部守屋(もののべのもりや)の間に武力闘争が起きた際に戦功を立て、その恩賞として河内国日下(くさか)に田地を賜りその地に住したことに始まる。この戦いの後、聖徳太子が四天王を建立し、その材木を集積した港ということから「木津」の地名となった。義持はその木津の地に無量寿院の寺を建てその別当職に任じられ、日下(くさか)の姓を名乗ったとされている。

 その後、願泉寺は天台宗となり、十七世浄教(じょうきょう)が本願寺の蓮如ついて浄土真宗に改宗した。願泉寺は応仁の乱による兵火で灰燼(かいじん)に帰し、永正四年(一五〇七)に堂宇を再建している。

 三十世教龍(きょうりゅう)は、石山本願寺の証如(しょうにょ)に仕え、三十一世定龍(じょうりゅう)は、石山本願寺に詰める定衆となり、石山合戦の折には多大な功績をあげている。その功を賞して准如(じゅんにょ)は本願寺の「願」の字を許し、寺号を「願泉寺」と改め、「日下山願泉寺」と称し、石山合戦で焼失した伽藍を慶長二年(一五九七)に復興している。

 定龍は茶の湯を嗜み、武野紹鷗(じょうおう)や千利休と交流した。伊達政宗(だてまさむね)とは特に親しく、元和元年(一六一五)大坂夏の陣のあと、正宗は帰国にあたり、滞陣中に建てられた書院(蔽芾(へいひ)堂)と茶室(泰慶(たいけい)堂)、庭石までも定龍に贈ったとされている。

 その書院と茶室は昭和十二年(一九三七)に国宝に指定されるが、惜しくも昭和二十年(一九四五)に空襲で焼失してしまい、庭園のみ旧態を残して現存している。なお、昭和二十五年(一九五〇)に本堂が再建されて今日に至っている。

 



小さい画像は選択(クリック・タップ)すると拡大表示されます。
拡大された画像の右半分を選択すると次頁、左半分を選択すると前頁へ移動します。



ページの先頭へ戻る