聿斎賛 上田耕甫画 桜花烏図

聿斎(花押)
めさむるや朝日ににほふ花のいろ

三代聿斎が着賛した上田耕甫が描いた桜花烏図である。
上田耕甫は明治から昭和初期にかけて大阪で活躍した四条派の画家で、父耕冲に画業を師事し花鳥図を得意とし、弟弟子に庭山耕園がいる。耕甫は住友春翠の長女孝の日本画の教授をし、住友家が有力な後援者であった。茶の湯は聿斎に師事している。
昭和19年(1944)85歳で歿している。



ページの先頭へ戻る