柳斎 竹茶杓 銘 平成|卜深庵点描|卜深庵  

柳斎 竹茶杓 銘 平成

 

 昭和64年(1989)1月7日に昭和天皇が崩御し、直ちに皇太子明仁親王(あきひとしんのう)が即位して今上天皇となった。これを受けて翌1月8日に「平成」と改元された。

 この茶杓は柳斎が平成と改元されたことを記念して命銘した茶杓である。白竹の逆樋(さかひ)で、まことに樋の深い力強い作ぶりである。なお、箱の身の側面に「平成元年一月八日」と改元の日付を認めている。

 茶杓の逆樋とは、竹の末、すなわち穂先が櫂先(かいさき)になる方になるようにとる。そこで深い樋の茶杓を作ることができ、枝打ちのあとが節に残ることにより侘びた印象や力強い茶杓ができる。それに対し、櫂先を末の方に取る形を本樋(ほんひ)順樋(じゅんひ))という。本樋は櫂先が根元(元)の方を向くように取るので深い樋がなく、節がきれいに仕上がるため、優雅で端正な印象を与える。

 ちなみに、平成の出典は、中国の古典史記(しき)五帝本紀(ごていほんぎ)の「内平外成(内平(うちたいら)かに外成(そとな)る)」、『書経(しょきょう)大禹謨(だいうぼ)の「地平天成(地平(ちたいらか)かに天成(てんな)る)」からで「内外、天地とも平和が達成される」という意味である。


小さい画像は選択(クリック・タップ)すると拡大表示されます。
拡大された画像の右半分を選択すると次頁、左半分を選択すると前頁へ移動します。



ページの先頭へ戻る